参考図書

☆おすすめの新刊 2016年11月

当研究所のアドバイザーをしてくださっている広島大学の川合紀宗先生と若松昭彦先生が翻訳された本です。子育てに悩む保護者に向けて、自閉症スペクトラム障害に関する確かな知識と、日々の暮らしの中で実際に役立つアイデアがつまっています。

☆おすすめの新刊 2016年3月

当研究所のアドバイザー川合先生が翻訳された本が出ました。

通常の学級に在籍する多様な教育的ニーズのある児童生徒に役立つ

具体的な指導・支援方法が紹介されています。

教員個人の努力のみに依存することのない

持続可能な教育システムの在り方を考えてみませんか?


☆おすすめの新刊 2014年7月

当研究所の理事・石附先生の研究室から生まれた本です。

「不器用な子どもたちへの認知作業トレーニング」

 

発達障害や知的障害をもつ子ども達の中には、

身体的不器用さを併せ持つ子どもがいます。

不器用さのため運動やスポーツが苦手であったり、

身体や手先きがうまく使えないだけでなく、

自尊感情の低下や周囲からのいじめの原因と

なることも報告されています。

 

不器用さへの適切な対応は、特別支援教育だけでなく

広く一般教育現場でも切望されてきました。

ぜひ、ご活用ください♪

 


☆おすすめの新刊 2014年4月

当研究所のアドバイザー・竹内先生の新刊「実践 発達障害を乗りこえる
自分らしさを見つけて育むワークノート」が出ました。
※認知行動療法に基づくワークブックです。
 
4月10日に出版された「発達障害を乗りこえる」
合わせて読んでいくと効果が上がるように企画されています。
竹内先生についてはこちらからご覧ください↓
 

☆おすすめの図書