公開講座 2018年10月14日(日) 学習・発達支援員養成講座

第2回 発達障害への気づき,理解,支援

後援:広島市 広島県教育委員会 広島市教育委員会 中国新聞社

発達につまずきのある児童生徒が、日々目に見えない壁にぶつかっていることに私達大人が気づかないままでいると、様々な問題が起こってきます。障害特性に気づかず「ふざけている、怠けている、やる気がない」と誤解し、叱るばかりなど不適切な対応がなされる教室では、不登校や二次障害等による行動上の困難さを誘発してしまいます。

 

そのため日本インクルーシブ教育研究所では、教室にいる発達障害の子ども達への理解をすすめていくために毎年、広島で学習・発達支援員養成講座を開催しています。この養成講座にはお好きな講座だけを選んで受講できる公開講座も用意しています。

 

この分野のトップの専門家からお話を聞くことができる、またとない機会です。ふるってご参加頂ければと思います。 

 

【第1部】 10:30~12:30

子どもの見方と行動理解(応用行動分析・リフレーミング)

 

*行動理論に基づいた子どもの褒め方と好ましくない行動をなくす方法、子どもがどのようにして良い行動を身につけていくのか、またどのような対応が問題行動を引き起こしやすいのか等を解説します。また『子どもの見方』を変えると子どもも大人もハッピーになれる実践方法についてお話します。

 

【講師】中谷美佐子

NPO日本インクルーシブ教育研究所 理事長

ハートボイスプロジェクト(子どもの行動問題解決プログラム)主宰

特別支援教育ジャーナリスト

 

【第2部】 13:30~15:00

多様な子ども達への理解と関わり方

 

*専門性のある支援員として学校に入る場合、まずは子ども達が多様であることを理解しておく必要があります。様々な事例をもとに子ども達がどのように育っていくかをお伝えします。

 

 

【講師】古川 潔 先生

星槎国際高等学校 教頭, 星槎大学 専任講師

青年期の学校不適応に対する支援方法と環境構築について実践と研究を行う

講演は公立中学校、特別支援学校、教職員研修等多数

 

【第3部】 15:15~16:45

自己肯定感を高めるSST(ソーシャルスキルトレーニング)

アサーション 

 

*ソーシャルスキル(社会の中で自立し主体的であり、他の人との協調を保って生きる能力)は誰しも必要です。そんなスキルを身につける方法、相手も自分もOKとし、自分の考えを相手に伝えてより良い関係をつくる方法等についてお話します。

 

【講師】三森 睦子 先生

NPO法人星槎教育研究所 専務理事

星槎大学 専任講師

特別支援教育士,臨床発達心理士

若者就労支援や自己肯定感を育てるSST等を研究

 

【著書】

クラスで育てるソーシャルスキル(共著)

教育現場の立場から考える就労支援(分担執筆)他多数

【日 時】

平成30年10月14日(日)10時15分〜16時45分(開場10時00分〜)

 

【定 員】

20名 先着順受付、10月8日(月)午前10時〆切り

 

【対 象】

特別支援教育アシスタント、指導員、放課後児童デイ、放課後児童クラブ、小学校・中学校教師、塾講師、子どもに関わる仕事をしている人、特別支援教育・インクルーシブ教育に興味のある保護者、支援者など

 

【会 場】

星槎国際高等学校 広島学習センター4階

(広島市西区南観音町1-1)

※駐車場がありませんので公共交通機関でお越しください。

 

交通アクセス

●市内電車の場合:「舟入本町」電停から徒歩8分

●広電バスの場合:「新観音橋西」停留所から徒歩2分

 

 

【参加費】

1講座の受講料 会員 3,000円  一般(非会員)6,000円

2講座の受講料 会員 6,000円  一般(非会員)12,000円 

3講座の受講料 会員 9,000円  一般(非会員)18,000円

※受講料はこの事業を行うための支援金とご理解ください。詳細はこちらをクリック

※事前、振込みです。

※ご入金後の返金はありません。

 

【振込先】

広島銀行 広島市役所支店(普)3045193 

特定非営利活動法人日本インクルーシブ教育研究所

トクヒ)ニホンインクルーシブキヨウイクケンキユウシヨ

※振込手数料はご負担願います。

 

【お申込】

会員はこちら  一般(非会員)はこちら