ソーシャルライティング講座 2015

〜自閉症スペクトラムの人達が理解しやすい文章の書き方〜

後援:広島市

終了しました!

 

自閉症スペクトラムの人達に伝えるためには、まずは自閉症スペクトラムの人達の特性を理解しなければなりません。そして、自閉症スペクトラムの人達の特性に合わせた文章が書けるようになると伝わるようになります。この講座では、こちら側からのコミュニケーションとして自閉症スペクトラムの人達が「心穏やかに、前向きに、楽しく、気持ちよく」理解できる文章の書き方を勉強します。私達が自閉症スペクトラムの人達が理解しやすい文章を書けるようになるには少しばかりの辛抱と訓練が必要です。でも、ちょっとコツを知るとスラスラと書けるようになって、そして、自閉症スペクトラムの人達に伝わりやすい言葉がけができるようになります。そうすると、自閉症スペクトラムの人達との生活が本当に楽しくなることを実感できます。

受講者の声はこちらからご覧ください。 

 

第1回  1月20日(火)10時〜12時半

第2回  3月17日(火)10時〜12時半

第3回  5月19日(火)10時〜12時半

第4回  7月14日(火)10時〜12時半

第5回  9月15日(火)10時〜12時半

第6回 11月17日(火)10時〜12時半

 

定員:12名(1/13〆切り)

 

対象:6回の講座すべてに出席できる保護者、祖父母、支援者、特別支援教育アシスタント、塾講師、教師など

 

受講料:会員30,000円(講座6回分) 非会員40,000円(講座6回分)

    ※入会は随時、受けつけておりますのでこちらからお申込みください。

 

場所:広島市西区地域福祉センター(広島市西区福島町2−24−1)

※まだ、すべての会場予約が取れていないため、会場は変更になることもあります。

 

協力者プロフィール

原田潤哉:Autism Life Support Hiroshimaいんぐりもんぐり代表

広島修道大学在学中に財満義輝教授のもとで「雑草会」で自閉症の方との活動に携わる。その後、情緒障害児短期治療施設「愛育園」、「鳥取こども学園希望館」、知的障害者更正施設「社会福祉法人 友和の里」に勤務。2002年ノースカロライナ視察。構造化・AAC等について学び、2003年より「あかり」を立ち上げる。2010年まで高機能自閉症児・アスペルガー症候群児支援活動「ぱれっと」を運営。広島思春期問題研究会会長として「ふれあいの会」を2007年夏まで主催。広島障害児心理研究会、広島自閉症治療教育・支援研究会等の活動にも携わる。現在、障害を持つきょうだいを持つ子の会「きょうだい会(VVSC)」の会長として運営に力を入れている。

中谷美佐子:特別支援教育ジャーナリスト

ノートルダム女子大学文学部英語英文学科卒業。地元テレビ局報道制作局アナウンサーを経て、フリーでテレビ制作に携わる。2000年頃から発達障害を中心とした取材を始める。20123月、広島インクルーシブ教育研究会をスタートさせ、2013年9月NPO法人日本インクルーシブ教育研究所設立。現在、特別支援教育ジャーナリストとして発達障害への正しい認識と具体的支援方法についての普及活動中。NPO法人日本インクルーシブ教育研究所理事長。FMちゅーピーすまいるパフェMISAKO先生のVIVA!発達凸凹〜s!毎月第2火曜日午後4時〜出演中。

チラシはこちらからダウンロード↓
ソーシャルチラシ2015.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.2 MB