講座のご案内

発達につまずきのある児童生徒の障害特性に気づかず「ふざけている、怠けている、やる気がない」と誤解し、叱るばかりなど不適切な対応がなされる教室では、不登校や二次障害等による行動上の困難さを誘発してしまいます。...
発達につまずきのある児童生徒の障害特性に気づかず「ふざけている、怠けている、やる気がない」と誤解し、叱るばかりなど不適切な対応がなされる教室では、不登校や二次障害等による行動上の困難さを誘発してしまいます。...
発達に凸凹がある児童生徒は、日々目に見えない壁にぶつかっていますが、周囲の適切なサポートにより自分で学んでいく力を身に付けることができます。学習・発達支援員とは、学校の教室で担任の先生と協力して、このような子ども達を支援します。...
発達に課題をもつ子ども達の困り感は、直接表に見えにくく、一般の人達にはなかなか理解できないような感覚・運動や行動、情緒面での困り感を抱えています。            例えば・・・
誰もが英語の読み書きが楽しくなる英語学習法を紹介します。 2020年度から小学校3、4年生の外国語活動、5、6年生の英語教科化が始まっています。これまで3年生からの英語学習は音声中心でしたが、今年度から音と文字の結びつきの気づきを促すことで読み書きにつなげていくことが可能になりました。...
この講習会は終了しました。
【延期のお知らせ】 遠隔でのICTの実技演習は非常に難しいと判断したため対面での講座開催に変更します。そのためコロナ終息後の開催となります。 大変申し訳ありませんがもうしばらくお待ちください。