参考図書

☆発達障害の人達の感覚を知りたい方へ

発達障害のある人は、感覚が過敏だったり鈍麻だったりして、

大変な状況の中で生活していることが多いです。

 

聴覚過敏があれば、時計のカチカチいう音がうるさくて眠れなかったり、

視覚過敏があれば、蛍光灯のチカチカする光が目に突き刺さり仕事にならなかったり、

触覚過敏があれば、洋服のタグが皮膚に突き刺さった感じがしてたえられなかったり、

大変な思いをして生活をしているのです。

 

子どもの頃からちょっとした遊びの中で、感覚統合をしておくと

いいかもしれませんね。